回転寿司がすごい人気

街中にはいろんなお店がありますが、なかでも飲食店はかなりの数にのぼると思います。衣・食・住と生活に基本的なことなので必然的にこれらに関するお店は多くなって当然なんですが。それにしても今となってはあらゆる海外の料理なんかも気軽に食べられるようになりました。もちろん、家で自炊するのが一番経済的なんでしょうが、こういろいろなお店があると、やはり一度は入ってみたいとか、食べてみたいと思いますからね。

 

先日も外食に出かけ、毎回何を食べようか迷うんですが、最終的に回転寿司に行くことにしました。考えてみれば今まで行った外食で、すし屋が一番多いような気がします。やはり日本人の口に合っているからでしょうか。なぜか食べたくなってしまうものです。本格的なところもいいと思いますが、回転寿司は自分のペースでほしいものを手に取れる簡単さがいいところですね。

 

ただ、その分食べ過ぎてしまうこともあり、一皿100円前後のところが多いのですが意外に会計がけっこうなものになったりします。まあ、裏ワザというか節約のために汁ものとか、うどんとかを一品でもたのむとおなかが膨れるので毎回そのパターンです。寿司の他にはジュースとかデザートもあって、最近ではそれらの種類も多様化してきたり、喫茶店の値段の高いスイーツとかわらないくらい味が美味しかったりするので、デザートだけでも楽しめるかも。

 

子供連れも多いので、おもちゃがついてたり、そういえば今回入ったところが、昔はお皿の色によってわさびありとわさび抜きが分けられていたんですが、今はもう全部がわさび抜きになっていて、わさびだけ小さなパックに入っていてテーブルの横に置いてありました。これなら子供がわさび抜きのお皿が回ってくるのを長々と待ってる必要もないですしね。

 

比較的近場で回転寿司のチェーン店が何件も出来るほど流行っているようですが、週末はどこも人待ちができるくらいです。今後も廃れることはないだろうなあと思います。